効果と歴史

歯磨き粉の相場について

市販されている歯磨き粉には色々な種類があり、ホワイトニング効果のあるものや虫歯予防に特化したもの、臭いを防ぐもの、菌の繁殖を防ぐものなどそれぞれ製品によって特徴が異なります。その中でも最も高いと言われているのがホワイトニング効果のある歯磨き粉です。最も安価なものでは数百円前後で購入することができますが、既に変色してしまった歯の色にはあまり効果はなくこれから着色するステインを取り除く効果があるものになります。 実際にホワイトニングでも使用されている薬剤が入っている歯磨き粉は薬事法の観点からスーパーなどでは販売されていません。しかし、平均で1本数千円ほどするホワイトニング歯磨き粉にはホワイトニング効果の高い薬剤が入っているため既に着色した歯の色も白くなる期待が持てます。

ホワイトニングの歴史について

医学面で歯のホワイトニングが研究され始めたのは1800年代前半のことで当時はミョウバンを使用していました。しかしミョウバンは歯を白くする効果が薄かったため、その後は酸を使用して歯の表面(エナメル質)を溶かして白くする方法がとられていました。 その後、1960年代に入ると歯肉炎の治療薬として使用されていた過酸化水素が歯のホワイトニングに効果があることが発見されました。この発見は自宅で行うホームホワイトニングに役立てられており現在のホワイトニング効果のある歯磨き粉にも実際に使用されています。 1990年代にはハロゲンライトやLEDなどの光を使用して歯を白くするホワイトニングが行われるようになりました。

Copyright © 2015 歯科医院に関することの現状|宣伝や治療方法について All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com / Images from: http://wallpaperswide.com/ www.photorack.net